トップ > 名城・城下町巡り > 日本が誇る三大水城へ!城好きには堪らない讃岐高松城、伊予今治城、豊前中津城の魅力を知る旅

日本が誇る三大水城へ!城好きには堪らない讃岐高松城、伊予今治城、豊前中津城の魅力を知る旅

記事公開日:2017/10/13

海や川などに面し、水の力を防御に最大限活かしたと言われる「水城(みずじろ)」。今回は日本各地にある水城の中でも、水運と防御力に優れ、「日本三大水城」と呼ばれる名城、「讃岐高松城(香川)」、「伊予今治城(愛媛)」、「豊前中津城(大分)」の3城の魅力を知る旅へとご案内します。

00385.jpg

 

1.日本最初にして最大!三大水城の筆頭と言われる讃岐の「高松城」

 

高松城の艮(うしとら)櫓

※写真は高松城の艮(うしとら)櫓

 

香川県高松市の「高松城」。ここは豊臣秀吉による四国制圧の後、瀬戸内海航路の要衝であった高松の海辺に、生駒親正が築いた海城です。現在目にする事ができる遺構は、江戸時代初期に高松に移封された松平頼重によって改修されたものですが、近世城郭における本格的な海城と言われ、日本最初、そして最大の城と言われています。地元では「讃州さぬきは高松さまの城が見えます波の上」とも謡われ、その壮大さは日本三大水城の筆頭ともされています。

 

高松城の縄張りは、本丸を中心に二の丸、三の丸、北の丸、東の丸、桜の馬場、西の丸が時計回りに配置されていて、3重の堀が廻らされていました。 かつては城壁が瀬戸内海に面し、全ての堀に海水が引きこまれていて、城内には軍船が出入りしていたと伝えられています。

 

その後、残念ながら明治時代の廃城令で四国最大規模とされた天守は解体され、周辺は埋め立てられ、城跡は玉藻公園として整備されました。城の遺構は北の丸の北端、瀬戸内海を監視する月見櫓や東ノ丸の艮(うしとら)櫓、水手御門、渡櫓などが現存していて、いずれも国の重要文化財に指定されています。

 

高松城の本丸、天守台と内堀

※写真は高松城の本丸、天守台と内堀。天守台には初代藩主、松平頼重を祀る玉藻廟が建立されています。堀には現在も海水が引きこまれ、養殖の鯛が放流されています。

 

名称:高松城
住所:香川県高松市玉藻町2-1
アクセス:JR予讃線、高徳線「高松駅」から徒歩約3分
参考リンク:高松城高松市公式ホームページ

 

2.築城の名人、藤堂高虎が築いた日本屈指の海城「伊予今治城」

 

今治城の模擬天守と山里櫓

※写真は今治城の模擬天守と山里櫓

 

愛媛県今治市の「今治城」。ここは築城の名人と言われた武将、藤堂高虎が、高松と並ぶ瀬戸内海の要衝、今治の海辺に築いた城です。城は慶長9年(1604年)に完成したとされ、形式は本丸、二の丸を中心にした輪郭式の平城、城の周囲には3重の堀が廻らされていました。瀬戸内海に面する今治城の堀には海水が引きこまれ、城内に舟入(港)を備えた日本屈指の海城です。ちなみに今治城の天守は、日本最初の層塔型天守であったとも言われています。

 

この城も明治維新で廃城とされ、ほとんどの建築物が破却されましたが、石垣と内堀は江戸時代の姿をそのまま残しています。現在目にする事ができる天守は1980年に再建されたものとなっていて、以降、御金櫓、山里櫓、鉄(くろがね)御門、多聞櫓などが再建されました。今治城は夜間のライトアップが人気で、堀の水面に天守や石垣が映り込む幻想的な光景を目にする事ができます。

 

今治城の模擬天守と山里櫓

※写真は今治城の模擬天守と山里櫓

 

名称:今治城
住所:愛媛県今治市通町3-1-3
アクセス:JR予讃線「今治駅」から瀬戸内バスで約10分、「今治城前」徒歩すぐ
参考リンク:今治城・今治市公式ウェブサイト

 

3.名軍師・黒田官兵衛が築いた九州、川河口の堅城「豊前中津城」

 

中津城の模擬天守と櫓

※写真は中津城の模擬天守と櫓

 

大分県中津市の「中津城」。ここは豊臣秀吉の名軍師として知られる黒田官兵衛(黒田如水)によって築かれた城であり、細川忠興が完成させたと言われています。周防灘へと続く山国川(中津川)の河口付近に築かれた梯郭式の平城であり、堀には河口の水が引きこまれ、高松城や今治城と並ぶ水城と言われます。城は本丸を中心に北に二の丸、南に三の丸が配置され、城域が三角形を成すことから扇城(せんじょう)とも呼ばれ、22基の櫓、8棟の門、総構えには6箇所の虎口があったとされています。

 

中津城の本丸の石垣は、黒田氏時代のものを細川氏が拡張したと思わえる継ぎ目が見られ、黒田氏が築いた石垣は天正16年(1588年)の普請と言われ、現存するものとしては九州最古とされています。江戸時代中期には奥平氏が中津藩主となり、その後の明治維新に至るまでの間、奥平家の居城となりました。1964年には旧藩主の奥平家が中心となり、市民の寄付の力もあり、模擬天守(奥平家歴史資料館)が建てられています。

 

復元された中津城の模擬天守

※写真は復元された中津城の模擬天守

 

名称:中津城
住所:大分県中津市二ノ丁1273
アクセス:JR日豊本線「中津駅」から徒歩約15分
参考リンク:中津城公式ホームページ

 

関連するお薦め記事

人気があって、しかも満足度が高いという宿はどこ?日本全国の旅館の中から上位30の宿をランキングでご紹介!
憧れの絶景宿、文化の香り高い老舗宿、そしてコスパ力の高いお得な宿も!ネット予約で5%のポイント還元!
テーマで旅行スポットを探す
地域で旅行スポットを探す