トップ > 名城・城下町巡り > 日本三大山城を攻めたい!山上高所に残る名城、美濃岩村城、大和高取城、備中松山城を歩く旅

日本三大山城を攻めたい!山上高所に残る名城、美濃岩村城、大和高取城、備中松山城を歩く旅

記事公開日:2017/08/02

防御に優れた険しい山々の上に築かれ、独自の進化を遂げてきた日本の山城。今回はそんな数多の日本の山城の中でも、その堅固さから「日本三大山城」と呼ばれた「美濃岩村城(岐阜)」「大和高取城(奈良)」「備中松山城(岡山)」の3名城を知る旅へとご案内します。

1.江戸時代、諸藩の居城の中でも最高所に位置していた「美濃岩村城」

 

岐阜県恵那市にある美濃岩村城跡

※写真は岐阜県恵那市にある「美濃岩村城跡」。六段壁の異名を持つ要害の山城でもあります

 

「美濃岩村城」は岐阜県恵那市岩村町の城山山上にある山城で、江戸時代には岩村藩の藩庁とされました。ここは諸藩の居城の中でも最も高い海抜717mに位置し、霧が多く発生する場所であった事から「霧ヶ城」とも呼ばれ、「女城主おつやの方」の悲哀の物語でも知られる名城です。

 

この岩村城が名城と言われる由縁はおよそ700年に及ぶ歴史にあります。かつての鎌倉時代の文治元年(1185年)、源頼朝の家臣であった遠山景朝がこの地の地頭に任ぜられ、岩村城を造ります。そして戦国時代の末期には、遠山氏は甲斐の武田家に従いますが、元亀元年(1570年)には織田信長の武将、明智光秀が武田方を駆逐します(上村合戦)。

 

復元された美濃岩村城の太鼓櫓

※写真は1990年に復元された美濃岩村城の太鼓櫓

 

そして織田信長は5男の坊丸を遠山氏の養子として城に入れますが、坊丸がまだ幼少であったため、信長の叔母であるおつやの方を後見としました。そしてその後、元亀3年(1572年)には武田方の武将、秋山信友が岩村城に攻め寄せますが、城を落とすには至らず、秋山信友はおつやの方を妻に迎える事で和睦し、岩村城を開城させます(岩村城の戦い)。

 

さらに天正3年(1575年)には武田家の弱体化に乗じ、織田信長が岩村城を攻めます。この時は5ヶ月にわたる攻防戦の末に岩村城は陥落、秋山信友とおつやの方は岐阜で処刑されました。その後、岩村城は織田家臣の河尻秀隆、団忠正、森長可と城主が入れ替わり、近代城郭へと変貌していきました。関ヶ原の戦いの後には徳川家の松平家乗が入城し、山上の居館を麓に移して城下町を整備。そして江戸時代には丹羽氏、大給松平氏の居城とされ、明治時代の廃城令によってこの城は解体され、石垣だけが残される事となりました。

 

美濃岩村城の復元絵図

※写真は美濃岩村城の復元絵図

 

日本三大山城の1つとされる岩村城は梯郭式山城で、本丸の外に二の丸、西に出丸、二の丸の外に三の丸が配され、本丸には二重櫓が2基あったと言われています。現在は曲輪、高石垣、井戸などの遺構が残るだけとなってしまいましたが、岐阜県指定の史跡となっています。昭和47年(1972年)には麓の居館跡に歴史資料館が開館し、平成2年(1990年)には表御門、平重門、太鼓櫓が復元されています。

 

名称:美濃岩村城
住所:岐阜県恵那市岩村町字城山
アクセス:明知鉄道「岩村駅」から歴史資料館(居館跡)までは徒歩約20分、本丸までは約40分
参考リンク:恵那市観光協会公式サイト「岩村城跡」

 

2.国内最大の壮大なスケールと言われた名山城、「大和高取城」

 

大和高取城の天守台

※写真は奈良県高市郡高取町にある大和高取城の天守台

 

「大和高取城」は奈良県高市郡高取町、高取山の山上にある山城で、江戸時代には高取藩の藩庁とされてきました。当時の山城の多くは山上に城塞を築き、それとは別で麓に居館を築き、日常生活は麓で行なう一方、敵が来襲した際には山上の城塞に籠もるといったスタイルでした。しかし、この高取城は城下から4kmほど離れた標高583mの山上に藩主の居館や政庁、侍屋敷群までをも築き、藩政をこの山上で行っていたとされます。ここは多くの曲輪を連ねた連郭式の壮大な山城で、白漆喰塗りの天守や、30棟近い櫓がこの周辺に林立していたとされます。

 

大和高取城の歴史は南北朝時代に越智氏が築城した城塁に始まると言われ、戦国時代には侵攻して来た一向一揆軍の猛攻にも耐え抜いています(天文の錯乱)。その後は大和の守護であった筒井順慶が、支城の1つとして本格的な城塞へ改築したとされていますが、天正13年(1585年)には豊臣秀吉の弟であった豊臣秀長が郡山へと入り、高取城には秀長の重臣だった本多利久が入城しました。本多利久は本丸に3層の天守と小天守、二の丸に御殿を築き、3重櫓が17基ほども建ち並ぶ壮大な城塞をこの山上に完成させ、麓には城下町を整備しています。

 

大和高取城の太鼓御櫓台と新御櫓台

※写真は大和高取城の太鼓御櫓台と新御櫓台

 

また、本多利久の子、本多俊政は関ヶ原の戦いで東軍側へつき、高取藩の初代藩主になりましたが、後継ぎがなかった本多氏は廃絶となってしまい、代わった植村氏が高取藩主となって明治維新を迎えています。そんな高取城は明治時代の廃城令を機に放棄されてしまい、天守をはじめとした建造物の多くは人里離れたこの場所で自然倒壊したとされています。

 

日本三大山城の1つとされる高取城は、ニノ門より内、侍屋敷が並んだ「城内」と、釘抜門より内の城郭や居館が建っていた「郭内」に分けられ、多くの曲輪が連なった様は国内最大のスケールだったと言われます。現在も石垣などの遺構はほぼ完全な状態で残っていて、貴重な城郭資料として国の史跡にも指定されています。

 

高取城の国見櫓からの眺望

※写真は高取城の国見櫓からの眺望

 

名称:大和高取城
住所:奈良県高市郡高取町高取
アクセス:近鉄電車吉野線「壺阪山駅」より奈良交通バス「壺阪寺前」徒歩約50分
参考リンク:高取町観光ガイド「高取城」

 

3.雲海に浮かび上がる天空の山城。今も幻想的な美しさを誇る「備中松山城」

 

雲海の中に浮かび上がる備中松山城

※写真は雲海の中に浮かび上がる、臥牛山上の備中松山城

 

「備中松山城」は岡山県高梁市の臥牛山上にそびえる山城で、現存天守を持つ城としては日本最高所(標高430m)に位置しています。この城は雲海の中に浮かび上がる幻想的な美しさが話題となっていますが、臥牛山の一峰、小松山の山頂に本丸、二の丸、三の丸が階段状に配されていて、現存天守と二重櫓などは国の重要文化財にもなっています。石垣、門、土塀などが当時のままに残され、天守や櫓なども目にする事ができるという点では、非常に貴重な城郭遺産と言えるものになっています。

 

この城は鎌倉時代に現在の高梁市有漢町の地頭であった秋庭氏が、臥牛山の一峰、大松山に城を築いた事を起源とし、現在残されている遺構は江戸時代、備中松山藩主であった水谷勝宗が築造したものとされます。この地は昔から山陽と山陰を結ぶ要地であったため、戦国時代には三村氏、庄氏、毛利氏などの間で激しい争奪戦が繰り広げられ、その度に城主の交代が起こっています。江戸時代には池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏と藩主が入れ替わり、最後の藩主、板倉氏のもとで明治維新を迎えています。

 

備中松山城へと続く山道

※写真は備中松山城へと続く山道

 

また、明治時代の廃城令によって麓の御殿、御根小屋は取り壊されましたが、山上にあった建物群は解体されずにそのまま残り、昭和16年(1941年)に天守と二重櫓などが当時の国宝(重文)に指定されました。また、平成6年(1994年)からは本丸の整備が行われ、天守、平櫓、御門などが修復、復元されて現在に至っています。

 

備中松山城の本丸

※写真は山上にある備中松山城の本丸。本丸には南御門をはじめ、五の平櫓、六の平櫓などが復元され、奥には2層2階の複合式望楼型の天守が聳え、白い漆喰の壁と黒い腰板の美しいコントラストを今も目にする事ができます。

 

名称:備中松山城(高梁城)
住所:岡山県高梁市内山下
アクセス:JR伯備線「備中高梁駅」から乗り合いタクシー(1日4往復、要予約、片道420円)。「ふいご峠」から徒歩約20分
開城時間:4月~9月は9:00~17:30、10月~3月は9:00~16:30
入城料:大人300円、小中学生150円
参考リンク:高梁市公式ホームページ「備中松山城」

 

※日本三大山城と呼ばれる各城は人里離れた山上に位置するためアクセスは慎重に。山道に迷ったり怪我をする事がないよう、万が一のリスクに対する備えを行った上で歩く事をおすすめします。

 

関連するお薦め記事
  • 香川県
    愛媛県
    大分県
    名城
    海や川などに面し、水の力を防御に最大限活かしたと言われる「水城(みずじろ)」。今回は日本各地にある水城の中でも、水運と防御力に優れ、「日本三大水城」と呼ばれる名城、「讃岐高松城(香川)」、「伊予今治城(愛媛)」、「豊前中津城(大分)」の3城の魅力を知る旅へとご案内します。
  • 愛媛県
    名城
    城下町
    日本最後の本格城郭建築とも言われる「松山城」。この城は現存12天守の1つに数えられ、21棟の建造物が国の重要文化財に指定されるなど、見所が多い城となっています。今回は四国随一の名城とも呼ばれる松山城に登城し、日本三大平山城の見所を知り、松山城下の魅力に浸る旅へとご案内します。
  • 岡山県
    名城
    絶景
    日本100名城、そして日本三大山城の1つにも数えられている岡山県高梁市の「備中松山城」。この城は標高430mの臥牛山上に位置し、秋から春にかけての時期は幻想的な雲海の光景が広がるスポットとしても知られています。今回は江戸時代に建てられた天守や櫓などが遺る日本最高所の現存天守で、天空の城のロマンに浸る旅へとご案内します。
  • 富山県
    名城
    川と水濠に囲まれ、浮城とも呼ばれた「富山城」。ここは戦国時代に神保氏や佐々成政の城塞となり、江戸時代には富山前田家230年の居城とされた城です。現在の富山城は城址公園として整備されていますが、この城にも様々な武家のストーリーがありました。今回は改めて、富山が誇る名城、富山城を巡る旅へとご案内します。
  • 島根県
    名城
    城下町
    日本各地の城の中でも「現存12天守」の1つとして知られ、2015年に再び国宝へと返り咲いた「松江城」。この城は豪壮な実戦本意の造りとされていて、黒塗り下見板張りの古風な天守の姿もコアな城好きには人気のポイントとなっています。今回は「山陰随一の名城」とも言われる松江城に登城し、堀川めぐりで文化の街の魅力に浸るへとご案内します。
  • 福井県
    歴史
    遺跡
    福井市から車で25分ほどの場所にある「一乗谷朝倉氏遺跡」は、歴史ファンなら一度は訪れてみたいスポットの1つ。戦国大名の朝倉氏が館や城下町を築いたこの地は長さ2kmほどの細長い谷。その後は戦国の風雲で焼き尽くされ、長らく田畑の下に埋もれてしまっていましたが、発掘を経て当時の姿へと復元されています。今回は永い眠りから蘇えった幻の城下町「一乗谷」で、朝倉氏の痕跡を知る旅へとご案内します。
  • 福島県
    名城
    城下町
    「鶴ヶ城」とも呼ばれる会津若松城は、伊達政宗や上杉景勝など、名だたる武将たちもかつて居城とした城。文禄の頃には築城の名人、蒲生氏郷が近世城郭として層塔型の天守などを整備しています。また、幕末の戊辰戦争の際には薩長軍との間で激しい攻防戦が繰り広げられ、白虎隊の悲話なども今の時代に伝えられています。今回は改めて歴史と風格を兼ね備えた会津若松城を訪ね、美しい白亜の城に秘められた歴史に思いをはせる旅へとご案内します。
  • 兵庫県
    名城
    楽しみ方
    世界に誇る日本の歴史遺産の1つが「城」。壮大で美しい城の天守は魅力的であり、今も多くの観光客を惹きつけています。そして城の天守の建物と並んで重要なものが、城郭の構造物を支えている「石垣」。一見すると地味な存在ではありますが、実はその見所も多くあります。そこで今回は、普段注目される事が少ない石垣に注目し、よりマニアックな城の歩き方と楽しみ方を知る旅へとご案内します。

  • 広島県
    名城
    歴史散歩
    広島市、太田川河口のデルタ地帯に築かれた平城「広島城」。ここはかつて中国地方の太守、毛利氏が領国支配の象徴として築いた近世城郭です。この城は大坂城を参考にし、縄張りは聚楽第を手本にしたとも言われます。今回は築城の名人も起案に携わったという広島城の話と、波乱の歴史をご紹介していきます。
  • 兵庫県
    名城
    絶景
    天空の城と呼ばれる「竹田城跡」。そして最盛期には全国の78%もの銀を算出したという「生野銀山」。今回はかつての但馬の国、現在の兵庫県朝来市を訪れ、絶景で名高い山城と、時代の支配者たちを動かした銀山のさらに奥深い味わい方をご紹介。400年の歴史を今に伝える全国屈指の石垣遺構と、数々の埋蔵金伝承に触れる旅へとご案内します。

人気があって、しかも満足度が高いという宿はどこ?日本全国の旅館の中から上位30の宿をランキングでご紹介!
憧れの絶景宿、文化の香り高い老舗宿、そしてコスパ力の高いお得な宿も!ネット予約で5%のポイント還元!
テーマで旅行スポットを探す
地域で旅行スポットを探す